社員インタビュー

Q.映像ウェーブに
入社したきっかけは?

普段から観ていた「JANBARI.TV」で
自分も面白い番組を作りたい

普段からYouTubeで色んなジャンルの動画を視聴することが趣味で、その中でも特にパチンコ・パチスロ番組を観ていました。学生時代に映像制作の経験は一切ありませんでしたが、興味のあるYouTube番組の制作やパチスロ業界に関われる仕事に就きたいと考えていた時に、就職活動で映像ウェーブに出会いました。もちろん映像ウェーブがメインで手掛けている「JANBARI.TV」の番組も入社前から観ていたので、登録者数も多く色々な演者さんが出ているこの媒体で自分も面白い番組を作りたいと思い入社を決めました。

Q.現在の業務内容は?

収録と編集作業のバランスを
上手く取ることが大事

現在の僕の主な業務内容は「収録」と「編集」です。収録回数は時期によって変わってきますが、今は月に10日間ほど収録へ出ています。入社した当時は動画編集の技術よりも、とにかくたくさんの現場へ足を運び、収録の流れを理解することから始まりました。収録がない日は映像編集の作業をメインで行い、最初は上司が編集した動画に効果を入れたりするなどのサポートから編集技術を身に付けていきました。未経験からのスタートだったので、入社した頃は不慣れなことばかりで大変でしたが、今は自分の番組を持つようになり、収録と編集のバランスをうまく取りながら日々業務に励んでいます!

Q.業務で苦労した点や、
やりがいを感じる点は?

未経験からのスタートだったが、
気がつけば人気番組を担当するまでに

正直、入社した当初は苦労ばかりでした。基本的に収録現場は楽しいのですが、僕は映像制作が未経験のまま入社したので、最初はカメラや編集ソフトの使い方を覚えることに悪戦苦闘。特に収録現場での緊張感の中、慣れないカメラを操作してパニックになることもありました(笑)。だからこそ早く慣れる為に「次はもっとこうしよう、もっと上達するためには…」と自然に工夫するようになりました。他にも面白い動画の作り方や、会議で出すための企画を考えたりなど、楽しい中にも仕事なので大変なことはたくさんあります。でも、そんな僕も今では人気番組の撮影と編集を任されるまでになりました。頑張れば頑張るほど上司がしっかり評価してくれるので、やりがいはとても感じています!

Q.社内・社員の雰囲気は?

面白い上司たちに囲まれて賑やかな雰囲気

雰囲気は普段からワイワイしていて楽しいです! 仕事中は皆さん作業に集中しているのでそこまで喋らないですが、休憩中は雑談をたくさんしています。上司の皆さんの話やツッコミが面白く、よく笑わされます(笑)。また会社が新社屋に移転して、全体的にオシャレな雰囲気になりました。会議室も少人数で会議ができるガラス張りの部屋がいくつもあり、大会議室は半沢直樹に出てくるような大きい椅子があったりもします(笑)。僕はよくカフェスペースで休憩をとって、そこでも先輩方と楽しく雑談することが多いですね。

Q.映像ウェーブに向いていると
思う人はどんな人?

壁にぶち当たった時こそ、
前向きに楽しんで乗り越えられる人

映像制作に興味があって、パチンコ・パチスロが好きとだという方は特に向いていると思います! 僕自身も未経験からスタートしたので、知識や経験がなくても大丈夫です! 先輩方が丁寧に教えてくれますし、焦らず少しずつ覚えていける環境です。特に最初はたくさんの現場に連れて行ってもらえるので、実践形式で着実に仕事を覚えることができます。しかし好きなことを仕事にできても、思っていた以上にやる事が多くてしんどく感じることもあります。そんな状況でも、前向きに楽しんで乗り越えられるパワーを持った方なら大丈夫だと思います!

映像ウェーブに入社を
考えている人にメッセージ

好きなことをして成長したいと
思っている人には最適な環境

映像制作と聞くと、どうしても過酷な職種というイメージを持ってしまう方もいるかもしれません。ですが、いざ働いてみて上達してくると達成感ばかりで、楽しい事、嬉しい事がたくさんあります! 「自分が好きなことを仕事にしたい」「好きなことをして成長したい」と思っている方にはぴったりの環境だと思います。僕を含めて若い年代の人も働いているので、若い方も積極的に応募して欲しいです。ぜひお待ちしております!
他の社員インタビュー